top of page

書評:『MONEY』チャールズ・ウィーラン

更新日:2021年4月9日





チャールズ・ウィーランはダートマス大学の経済学者。


彼の代表作は、経済学をまる裸にするであり、それには劣るがこの本もなかなか良い。

「経済学を丸裸にする」よりは冗長な印象で、ジョークの切れもいまいちな感じは否めないが、「貨幣の本質的価値」「金本位制」「インフレ」「で売れ」「信用創造」といった知っているようで説明が難しい用語を事例や比喩も交えながら説明してくれる


デフレの悲惨さを読者に教えるために、日本についてかなりのページを割いてくれており、日本人の読者にとっては、読みやすさはあると思う。

寧ろ、私のような日本人にとってこの本を読む意義は「デフレ」を正確に理解することであると思う


チャールズ・ウィーランらしい独特なユーモアと語り口で、くすりと笑いながら経済学のなかでも比較的高度なテーマについての理解を進める本






目次:MBA関連書籍


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

書評一覧

ブログ管理人:田中ゲイリー

東京都出身。東京大学卒業後、都内金融機関にて投資銀行業務に従事。その後、米国へ留学しMBA(経営学修士)を取得。現在は、上場企業にて経営企画業務に従事する傍ら、副業としてITスタートアップにてCFOとして関与。
Blog Author: Gary Tanaka

CFO of the IT venture company (Data Analytics)

Finance / Corporate Planning / Ex. Investment Banker

University of Tokyo (LL.B) |

University of Michigan, Ross School of Business(MBA)

Tokyo, Japan

illust553 (1).jpg
bottom of page