top of page

書評:『グロービスMBAマーケティング』グロービス経営大学院

更新日:2021年4月9日




古典的なマーケティング理論である「STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)」「マーケティング(4P)」の解説をベースとしつつ、デジタルメディアの進化へ踏まえた顧客とのコミュニケーションについても言及されており、第3版から大きく変化している。


企業という視点からのマーケティングではなく、顧客を中心とする顧客視点でのユーザーエクスペリエンスの最適化について述べられていく。

BtoCに加えてBtoBの従事する読者層も想定されており、実務での活用をより想定した構成となっている印象。


各章毎に冒頭でケースが用意されており、ケースを自身の頭で考えた後で解説を読むことでより理解が深めることができる。まさに、MBAスタイルの良書。

(実際のMBAでは、より手を動かすようなケースを扱うことになりますが。)




目次:MBA関連書籍


閲覧数:175回

最新記事

すべて表示

書評一覧

Σχόλια


ブログ管理人:田中ゲイリー

東京都出身。東京大学卒業後、都内金融機関にて投資銀行業務に従事。その後、米国へ留学しMBA(経営学修士)を取得。現在は、上場企業にて経営企画業務に従事する傍ら、副業としてITスタートアップにてCFOとして関与。
Blog Author: Gary Tanaka

CFO of the IT venture company (Data Analytics)

Finance / Corporate Planning / Ex. Investment Banker

University of Tokyo (LL.B) |

University of Michigan, Ross School of Business(MBA)

Tokyo, Japan

illust553 (1).jpg
bottom of page