top of page

書評:『ザ・ゴール』エリヤフ ゴールドラット

更新日:2021年4月29日



本書は機械メーカーの工場長を中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスをテーマにした小説である。

この本がアメリカでヒットしてから17年間が経過するまで、日本のビジネスマンがこの本を読むことで競争力を高めることを筆者が恐れて、日本語への翻訳がなされなかったと言われる「幻の名著」である。


『ザ・ゴール』は主人公が恩師の助言をもとに工場を建て直すというストーリーを通じて、「効率化」という言葉や「数字」の裏に隠された様々な問題を明らかにしていく。


正直、私もこの本を読むまで、主人公と同じような勘違いをしていた。



製造現場の生産管理手法であるTOC(制約条件の理論, Theory of Constraints)によると、企業はスループット(生産量)を増やし、在庫と業務費用を減らすことが必要となる。

そのためには、全体のなかでのボトルネックを見つけ出し、そのボトルネックのアウトプットを最大限高めると共に、ボトルネック以外の工程においてはボトルネックより速くモノを生産しないように抑え、バッファーを置いておくことが必要となる。


企業の最終目標(ゴール)は何か、それを達成するためにTOCをどのように活用すべきか、また、現場ではどのような誤った認識に陥ってしまいやすいのかを、『ザ・ゴール』は教えてくれる



目次

I  突然の閉鎖通告

II  恩師との邂逅

III  亀裂

IV  ハイキング

V  ハービーを探せ

VI  つかの間の祝杯

VII  報告書

VIII 新たな尺度



目次:MBA関連書籍


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

書評一覧

ブログ管理人:田中ゲイリー

東京都出身。東京大学卒業後、都内金融機関にて投資銀行業務に従事。その後、米国へ留学しMBA(経営学修士)を取得。現在は、上場企業にて経営企画業務に従事する傍ら、副業としてITスタートアップにてCFOとして関与。
Blog Author: Gary Tanaka

CFO of the IT venture company (Data Analytics)

Finance / Corporate Planning / Ex. Investment Banker

University of Tokyo (LL.B) |

University of Michigan, Ross School of Business(MBA)

Tokyo, Japan

illust553 (1).jpg
bottom of page