top of page

書評:『新版 ブルー・オーシャン戦略』W・チャン・キム




本書は「ブルー・オーシャン戦略」の10年ぶりの新版。

新章として第9章~第11章が追加されているとともに、今をときめく入山章栄教授監修のもとで注目のブルー・オーシャン候補企業(JINS、クックパッド、QBハウス、オフィスグリコetc.)も紹介されている。


本書のタイトルである「ブルー・オーシャン戦略」とは、新しいニーズを掘り起こし、競争のない市場を創造する戦略のことである。

競争の激しい既存市場「レッド・オーシャン」を避けることで、高成長と高収益を実現する。


そして、「ブルー・オーシャン戦略」を開拓するためのフレームワークが、本書で紹介される「戦略キャンバス」をである。


既存市場の現状を把握し競合他社の提供価値を「価値曲線」としてビジュアル化したのちに、その「価値曲線」をアップデートしていく。


「減らす」「取り除く」「増やす」「付け加える」という4つのアクションを通じて、既存市場に存在しない新しい価値である「バリューイノベーション」を実現する


この「戦略キャンバス」は数ある経営戦略のフレームワークのなかでも、非常に有効かつ秀逸なフレームワークであると思う。




目次

第1章 ブルー・オーシャン戦略を生み出す

第2章 分析のためのツールとフレームワーク

第3章 市場の境界を引き直す

第4章 細かい数字は忘れ、森を見る

第5章 新たな需要を掘り起こす

第6章 正しい順序で戦略を考える

第7章 組織面のハードルを乗り越える

第8章 実行を見据えて戦略を立てる

第9章 価値、利益、人材についての提案を整合させる

第10章 ブルー・オーシャン戦略を刷新する

第11章 レッド・オーシャンの罠を避ける



目次:MBA関連書籍


閲覧数:196回

最新記事

すべて表示

書評一覧

Comments


ブログ管理人:田中ゲイリー

東京都出身。東京大学卒業後、都内金融機関にて投資銀行業務に従事。その後、米国へ留学しMBA(経営学修士)を取得。現在は、上場企業にて経営企画業務に従事する傍ら、副業としてITスタートアップにてCFOとして関与。
Blog Author: Gary Tanaka

CFO of the IT venture company (Data Analytics)

Finance / Corporate Planning / Ex. Investment Banker

University of Tokyo (LL.B) |

University of Michigan, Ross School of Business(MBA)

Tokyo, Japan

illust553 (1).jpg
bottom of page